Quick Sync VideoとGPUの処理能力

Quick Sync VideoとGPUの処理能力

 

これをインストールしても使えないファイルがある場合はメディアインフォを使って何が足りないのかチェックする必要があります。

 

klitemegacodecpackはあらゆるコーデックが入れることができるものでほとんどの動画を再生することができます。

 

しかしこのようなコーデックを入れるのがめんどくさいという方はゴムプレイヤーなど様々なコーデックが内包されているフリーのプレイヤーを使うのもオススメです。

 

mediaplayerclassicgomplayerは軽快に不当さするので人気を集めています。

 

万能プレイヤーはゴムプレイヤーです。

 

様々なプレイヤーをプレイすることができ軽快な操作で快適なmedia player classicともに無料で使うことができます。

 

動画編集するために必要なもの数CPUです。

 

CPUは3ghzデュアルコアクアッドコアのものを利用したいです。

 

 

グラフィックボード

geforceならgt430当たりを一番下の目標として購入するようになります。

 

そしてディスプレイもフルハイビジョンに対応したものでないとせっかく撮った動画が綺麗に再生できません。

 

CPUはIntel とAMDの二つのメーカーがありますが、クロック周波数家壊すそして内蔵されているGPUの種類や有無についてみていく必要があります。

 

ブルーレイディスクを使うのであればブルーレイディスクのプレイヤーとして録画用の機械が必要です。

 

4ファイルサイズが10GBを超えるならSSDなど交際高性能な大容量記憶メモリーが必要なります。

 

ドライブを利用する場合は静かなメディア静音性についても見ていく必要があります。

 

CPUの調べ方エンコードが早いのはコアアイシリーズです。

 

コアiシリーズは内蔵されているGPUを利用してエンコードできます。

 

Quick Sync Videoという昨日があってグラフィックボードのgpGPUよりも高速に変換することができます。

 

動画編集ソフトお新たに購入するのであれば強いシリーズを検討したいと思います。

 

AMDのCPUを選ぶ場合はaシリーズを購入します。

 

怖いシリーズは12000円から3万円程度の価格です。

 

コアアイセブンシーズは4つの怖を内包していて2.8ギガから3.6ghzあります。

 

Intel のCPUの最上位モデルでハイパースレッディングに対応して仮想やコアのスレッドで動作します。

 

動作性能が早いので動画を編集したいという方はこちらがいいでしょう。

 

Corei5シリーズはハイパースレッディングには対応していませんが、ネイティブで4つのコアで動作するのでCPUの性能はかなりあります。

 

コストが優れていて非常に良いCPUだと思います。

 

オハCorei3シリーズでは2.5ghzから3.4ghzで動作して2つのコアでハイパースレッディング機能搭載していて4つのコアで動作するようになっています。

 

しかし仮想モデルですので、4つのネイティブコアではありません。

 

動画編集に適したグラフィックボードの選び方グラフィックボードを選ぶときはhdcpという著作権保護技術に対応しているかどうかをチェックします。

 

そうでないと地デジやブルーレイディスクを視聴することができません。

 

新しいモデルを利用すればおとんど問題はありませんが、少しでも古いものを選ぶをという時は注意する必要があります。